店舗責任者と情報を共有するにはラウンダー導入が一番

ラウンダーを導入する前に確認をすべきこと

Earnings info

店舗責任者と情報を共有するにはラウンダー導入が一番

店員

自社で用意するか外注するか決める

ラウンダーを導入する際、自社で雇用するかそれとも外注すべきかのどちらかを選択することになると思います。どちらが「業務を改善ができるか」「人件費を削減できるか」を判断するのが大切です。

カート

小売店からの許可を得る

ラウンダーは、小売店を訪問して商品の売上を上げるための方法を考えるのが仕事です。そのため小売店へアポなしで訪問しても小売店側は困るでしょう。ラウンダーを導入することが決まりましたら、事前に小売店側へその旨を伝えましょう。

ラウンダーを利用するメリット

パソコンを操作する人

お店の責任者との関係を築ける

ラウンダーは頻繁にお店を巡回してくれます。そのため店舗責任者とのコミュニケーションを密に取ることができるため、良い関係性を築くことができます。

店舗周辺の情報に詳しい

ラウンダーは自宅から近い範囲で活動している場合が多いです。その範囲内にある店舗へ巡回しているので、店舗周辺にはどのような人が住んでいるかなど、周辺地域の情報を詳細に知っています。この情報をうまく利用することで自社商品の売上にも繋がるのです。

効果的な意見をもらうことができる

自社の懐疑にラウンダーを参加させれば、改善点や新しい企画など社員では発言しずらいようなものでもどんどん発言してくれます。

広告募集中